注文住宅の家づくりに欠かせない存在!?工務店の関連情報を分かりやすくご紹介

当サイトは、注文住宅の家づくりに欠かせない存在の工務店の関連情報について分かりやすくご紹介しています。ハウスメーカーと比較されることが多い建設会社ですが、規模が比較的小さな会社が多いのでインターネットを利用して経営状態などを詳しく調べることをおすすめします。家が完成する前に破綻してしまうと厄介、経営状態の把握は必須です。また、ハウスメーカーの場合はモデルハウスがあるけれども、規模が小さな会社はモデルハウスがないのが特徴です。

注文住宅の家づくりに欠かせない存在!?工務店の関連情報を分かりやすくご紹介

工務店は家づくりに欠かせない存在ですが、大手の会社や中小の会社など規模は様々です。
規模が小さい工務店などの場合は、小回りが利いたりアウターフォローが万全だったり家が完成した後も長いお付き合いができるメリットもあります。
将来的にリフォームやリノベーションを行うときも、家を建ててくれた工務店なら自宅の知識も豊富にあるので画期的なアイディアを提案してくれる、このようなメリットもありますし地元で評判の工務店なら安心して家づくりのサポーターになってくれます。

そもそも工務店とは?ハウスメーカーとの違いは?

注文住宅を建てる際に依頼先の候補にあがる工務店ですが、どのような会社であるかいまいちピンとこないという方もいるのではないでしょうか。
テレビコマーシャルや新聞の折り込み広告などで見かけるハウスメーカーは全国展開する大手企業で知名度も高いため、家づくりに信頼感を求める方に選ばれています。
工務店は地元を中心に営業活動をしており、家づくりを行うエリアも狭いといった特徴があります。
設計の自由度は高くオーダーメイドのような家づくりを行ったり、融通が利くといったメリットも。
地元に根ざしていることから土地勘などに精通しており、気候や風土に適した家づくりを得意とします。
また地元で営業をしていることから身近な存在に感じられ相談しやすく、家のトラブルの際はすぐに駆けつけてもらえることも。
工務店はそれぞれが独立しているため、品質にはばらつきがあると言われています。
自分らしいこだわりの家づくりを行いたい方は、工務店を検討してみてはいかがでしょうか。

注文住宅の家づくりをする人の多くが工務店を使う?

マイホームの購入は多くの人にとって一大イベントであり、非常に高額な出費を伴う買い物です。
建売住宅や分譲住宅も人気がありますが、家づくりにこだわりがある人は注文住宅の建築を検討してみるのが良いかもしれません。
外装や内装に自分なりの希望を反映させたり、家事動線などを工夫して暮らしやすい家にしたりすることができるでしょう。
より満足度の高いマイホームを手に入れることができると言われています。

これまでに数多くの人々が工務店を利用して注文住宅の建築を行ってきました。
工務店はハウスメーカーに比べると小規模な業者が多いですが、その分地元に密着した営業を続けているところが多く確かな実力と実績を保有しています。
依頼者と一緒に理想のマイホームを相談しながら、満足いく家づくりができるようにサポートしてくれるでしょう。
複数の工務店を比較した上で、自分に適した業者と契約するのがおすすめです。
早めから見積もりの取得などを準備しておきましょう。

自社設計と自社施工が可能な工務店は技術力や信頼性が高い証

優良な工務店を選ぶための判断基準でおさえておきたいのは、自社設計・自社施工であるかどうかという点で、工務店の中には契約だけを取って施工自体は下請け業者に任せてしまうところも少なくありません。
自社施工であれば、工務店側に住宅づくりに関する全ての責任能力があると判断することができますし、自社の技術や能力だけで家づくりができないところであれば、何かトラブルなどが起こってしまったときに頼りにならない可能性も否定できません。
自社で契約が取れない下請け業者が行う施工だと、家づくりはもちろんアフターフォローやメンテナンスの部分でも不安が出てきてしまうので、クオリティの高い家を建てる上では事前に自社で施工・設計が行われているかどうかしっかりと確認しておくことが大切になります。
また、施工数が多ければ多いほど経営状況が良いと判断することができるので、年間施工数をチェックすることも優良業者を見極めるコツとなっています。

費用を抑えることができる工務店の特徴とは?

費用を抑えることができる工務店として、自社一貫で工事を行っているところはおすすめです。
自社一貫で工事を行っていれば、下請けの会社に仕事を依頼する必要がありません。
設計から工事まで一つの工務店で行うことができるので、余計な費用が掛かることがないです。
その結果として、かかる料金を安く抑えることが可能になってきます。
ほかにも、お金をかける部分とかけない部分を明確化している工務店だと、料金を安くすることができます。
目に見える部分やこだわりたい点についてはお金をかける必要がありますが、目に見えない部分などは安い資材を使用して作ることも可能です。
このように、お金をかけずに済むところには安い資材を使用することで安くすることができるようになります。
相談した時に、柔軟に対応してくれる工務店であれば、利用してよかったと思うことができるでしょう。
いろいろな点のチェックを行っておけば、安心して利用しやすくなってきます。

ハウスメーカーの施工を担当している工務店も多い

一般的に、工務店は小規模で建設やリフォームに携わっている業者であると認識されることが多いです。
確かに、そういった工務店は多いですが全てがそのような状態になっているわけではありません。
工務店の中には、大手のハウスメーカーの施工を担当しているところも多い現状です。
いわゆる、下請けとしてサービスを提供しているところがあります。
そもそも、工務店は必ずしも自社経営を行っているとは限らず大手の傘下に入っていることも多いです。
ですから、直接的に店舗に行って相談に行くのではなく、こうした大手のハウスメーカーを通してサービスを利用することも珍しくありません。
そして、こういった場所ではクライアントの要求を直接的に店舗に伝えることはできませんので、あくまでもハウスメーカーの営業担当スタッフを通した話し合いを進めていくことになります。
この場合、担当スタッフの能力がそのままその業者の対応力にも繋がりますので注意が必要です。

工務店はハウスメーカーよりも価格が安い?その理由は?

工務店は、ハウスメーカーよりも価格を安くできる可能性が存在します。
これには、いくつかの要因がありますがその中でも最も大きいのが融通が利きやすいという点です。
そもそも、工務店は特定の地域に根ざしてサービスを提供している小規模店舗であることがほとんどです。
顧客当たりのサポートが非常に充実していて、時間を割いて交渉を行っていくことができるので、とても細かい部分まで打ち合わせが可能です。
これは、コスト面やそれに伴う設計案についても同様です。
例えば、大手のハウスメーカーはあらかじめプランが提供されていることもあって、その通りにコストが生じることがほとんどです。
一方で、工務店は土地の状況や予算の範囲内に応じて設計士から最も良い提案をしてもらえる可能性が高いです。
仮に、狭い土地で設計をしてほしいときには1000万円台からでも十分に住宅を建設できます。
ですから、価格面でも工務店はお得になる可能性が高いといえます。

提案力に優れた工務店は経験も実績も多い

相談をすると提案をしてくれたりアドバイスも積極的にしてくれる、そんな工務店は経験が豊富で実績も多いのではないでしょうか。
経験や実績が感じられるだけでなく、実際に伴うだけのものがある工務店なら、提案力にも納得ですし信頼して家づくりが相談できます。
提案力とはつまり、抱えている悩みや形にしたい希望に対して、経験に基づきノウハウを用いて提案できる能力を意味します。
経験が乏しくノウハウが不足していれば、悩みにも希望にも応えられませんから、そういう若い工務店は避けるべきです。
逆に創業からの年数が長くて年間の施工件数も多い工務店は、蓄積しているものが豊富なので、答えに期待して悩みを相談してみる価値があるといえます。
予算が限られている場合にも、可能な限り妥協せずに希望を実現する方法を考えてくれますから、予算がネックとなっているケースケースでもこうした相談相手がいると助かりますし、心強い存在となるのではないでしょうか。

完成後のアフターフォローがある工務店は安心

完成後のアフターフォローをチェックしておくことで、安心な工務店選びにつなげることができます。
家は、建てればそれで終わりではありません。
建てた後のことまで考えることで、長く良い状態で住んでいくことが可能になってきます。
そのためにも、アフターフォローがしっかりとしている工務店を選ぶようにしましょう。
例えば、定期的に家をチェックしてくれる工務店であれば、何かあったときにも安心です。
家にトラブルが起こってしまっていたとしても早めにその事実を発見することができるので対処しやすいです。
早く修理を行うことができれば、家へのダメージも抑えることができ長く良い状態で住むことが可能になります。
また、家を建ててから一定期間にわたって保証期間が存在していれば、問題が起こってしまったときでも無料で修理してもらうことができます。
修理を行うためには費用も掛かってきますが、保証期間が存在していることで金銭的な負担を感じることがありません。

完全自社施工の工務店なら余計なコストがかからないのでおすすめ

完全自社施工の工務店は余計なコストがかからないのでおすすめです。
この余計なコストというのが、お客様がどの部分にこだわるかが重要になります。
工務店であれば、設計を担当するのが営業マンであったりします。
またハウスメーカーであれば色々な部分が専業にて分かれていますのでデザイナーや設計士、営業マンと分担で作業をしていきます。
この人件費が多くなってきます。
それに対して、社長と設計士やデザイナーが同一人物であるケースもあります。
これは、ハウスメーカーであれば色々な人がいますので自分のニーズを伝えれば、色々なニーズをくみ取ってくれます。
この部分が工務店では、一人が担当しているのでお客様のヒアリングしてもらうのも難しいです。
ただ、モデルルームなどを見学して、自分と家族の趣向に合った家であれば、自分のニーズを把握してもらいやすいです。
この場合には、自分の意向を反映した住宅を建築してくれます。
工務店では自分の考えがまとまっている人がお勧めです。

工務店の住宅完成保証制度とはどのような制度?

家を建てるということは一生に一度程の高い買い物となる人がほとんどで、購入後に後悔しないパートナー選びがとても重要です。
家を建てる際の依頼先はハウスメーカーや設計事務所や工務店などで、自分や家族の希望や予算に合ったパートナーを選ぶことが大切です。
地域に密着型で職人が施工する安心感やアフターサービスの充実度などから、多くの人達に選ばれているのが工務店です。
家を建てようと考えるエリアで営業を行っていると、風土や環境に合わせた家づくりが出来ると工務店を選ぶ人も多くいます。
工務店への依頼を検討しているという人は、万が一に備えて保証制度の確認をしておくことをおすすめします。
これから家を建てたいと考える人の中で、住宅完成保証制度という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
住宅完成保証制度とは依頼をした会社が万が一、工事請負契約後から建物が完成して引き渡しが完了する前に倒産をしてしまった場合に最小限の追加負担で住宅を完成出来るように支援する制度のことです。
保証の内容については制度を提供する会社によって異なりますが、引き継いだ追加料金の損失の一定金額を保証する保険タイプと保証会社にはじめから建築資金を預けておく第三者預託タイプがあります。
保証される上限金額もタイプによって変わるので、詳しい条件などを事前によく調べておくことが必要です。

工務店との打ち合わせの場所は自宅以外でも可能?

マイホームの建築などを検討している場合には、建築業者の担当者と複数回にわたって打ち合わせを行う必要があります。
そうした工務店との打ち合わせを行う場所は自宅だけでなく、工務店の事務所や近くの喫茶店など様々な場所で行うことが可能でしょう。
毎回自宅に担当者を招くとなると準備が大変で疲れてしまうかもしれないので、自宅以外で行いたい人は正直に担当者にその気持ちを伝えるのがおすすめです。
また最近では対面だけでなくオンラインでの相談に対応している工務店も増加しているので、仕事などが忙しくてまとまった休みが確保しづらい人でもパソコンなどを使い相談することができるでしょう。
依頼主のライフスタイルに合わせて色々と対応してくれる業者が多いので、自分に適した会社を探して相談してみると良いかもしれません。
大切な家づくりの満足度が高いものになるかどうかは、業者選びが大きな要素を占めていると言っても過言ではありません。

フルオーダーの注文住宅を建てることができるのも工務店の特徴

みなさん、工務店というものを聞いたことがありますか。
最近では町の中ではあまり聞くことが少なくなって大手の会社が増えています。
工務店とは街に密着した、小規模な会社のことです。
その役割や特徴の中にはフルオーダーの注文住宅を建てることがあります。
ではどういったメリットがあるのでしょうか。
大規模な店や大手の会社に比べて様々なことに柔軟に対応できて、顧客の要望に寄り添ったものに近いものを作ることができます。
大規模な会社では、様々な種類のある既存なものを組み合わせて提供していたり、多くの人を対応しているため一人一人の対応が雑になりがちになったりするかもしれません。
しかし工務店では、より寄り添って一番いいものはどのようなものなのか考えて一から作り出してフルオーダーなものを作ってくれます。
また、地域に密着していたり、優しかったりする様々なメリットがあります。
ぜひ、オーダーの注文住宅をじっくり考えてみてください。

狭小地や変形地などでも家を建てることができるのも工務店の強みの一つ

土地が広々としていて形も整っているなら、ハウスメーカーにも相談しやすいですが、狭小地や変形地であれば工務店に相談するのが正解ではないでしょうか。
工務店の強みの一つがまさにこうした土地に対応できる提案力で、補足狭い狭小地であったり、形が一部な変形地でもそれに適した建物を建てられるのが魅力です。
土地が微妙だからと諦める前に、こうした土地に強みを持つ工務店に相談してみるのが合理的ですし、おすすめ度は非常に高いといえます。
ハウスメーカーが対応できないと匙を投げたとしても、工務店であれば親身になって話に耳を傾けたり、現実的なアドバイスをしてくれる可能性が高いです。
相談せずに諦めてしまうのは早いですから、少しでも諦めたくないと感じるのであれば、時間を作り話を聞いてもらうことをおすすめします。
仮にもし対応が難しいといわれてしまっても、アドバイスが得られれば参考になりますし、家づくりを形にするヒントが手に入るのではないでしょうか。

工務店の技術力は職人さんなどの資格の充実度をチェックすると分かる

家づくりの満足度を左右する上で重要な要素となるのが、建築業者選びだと言われています。
全国各地に多くのハウスメーカーや工務店が存在するので、その中から自分に合った業者を見極めるように努力しましょう。
時間に余裕があるのであれば、複数の会社から見積もりを取得したうえで建築費用や施工内容などを比較するのがおすすめです。
その際の対応や事務所の雰囲気なども、建築業者を選ぶ上での大切な判断材料になるのでよく確認しておきましょう。
地元に密着して長年営業している工務店であれば、確かな技術力のある職人が在籍している可能性が高いと言われています。
その業者の口コミなどを調べてみるのも良いですし、職人さんたちがどのような資格を保有しているのかどうかを確認してみるのも良いかもしれません。
きちんとした会社であればそうした情報をホームページ上などに公開している場合が多いので、気になる工務店が見つかった人は一度ホームページにアクセスしてみるのが良いでしょう。